<< 本気 | main | 桜・卒業・新しい出会い >>

“100”より“1”

0

    JUGEMテーマ:軽度発達障害児

     

     自己肯定感って多くの人が自分のここは好き、あそこは好きじゃない、という部分があると思います。

    好きな部分も嫌な部分も受け入れ、そのままの自分でいても良いんだ、という思いでいること。

    つまり、どんな自分でも、ありのままを受け入れ、認める事です。

     

    自分のコンプレックスや弱い部分も強い部分も、そして悪いところも良いところも全部含めて自分です。

    自分を含め係わる人が善良な人やメンタルが強い人ばかりなら自己肯定感という言葉を気にすることもないでしょう、

    自分を含め不良な人間やメンタルが弱い人間が認められない社会環境であってはならないからこそ自己肯定感を吸い上げモチベーションをアップする必要があります。

    コンプレックスに支配されてしまえばモチベーションも上がらず、後ろ向きでネガティブな人生になってしまいます。

    自分のコンプレックスも含め総てを受け入れ、自分を愛し自分を好きになるところからポジティブ人生がスタートするのではないでしょうか。

    何をやるにしてもモチベーションが低くては出来栄えも違うでしょう、モチベーションを高く持ち取り組むことで何倍もの成果に感じるのではないでしょうか。

     

     

    そうは言っても自分の嫌な部分を好きになるというのはなかなか難しいです。

    私の周りにも、自己肯定感が低い人、自分のことが好きではない人が何人かいます。

    私自身も、自分を好きかと問われると自信を持って好きだとは言えません。

    だから、友人と集まった時は、必ずお互いを褒めあうようにしています。

    少しでも自分の良い所を知る為に。

    自分に自信を持つために。

     

    利用者さんの中にも、自分に自信のない方がいらっしゃいます。

    だから私は、良かった部分はできるだけその時に伝えるようにしています。

    これでいいんだという気持ちは安心感に繋がり、少し気持ちを前向きにしてくれます。

     

    私の好きなスマホのゲームに「100人に愛される自分ではなく、自分に愛される自分になってほしい」というようなセリフがあります。

     

    多くの人に好かれても、自分が自分を好きではないと気持ちも苦しいだろうと思います。

    自分を好きになる、肯定することが出来れば、気持ちも明るくなり、今よりもっと楽しく過ごすことが出来るのではないでしょうか。

     

    丁度もうすぐ卒業のシーズンですので、自分を好きになる為に、何かから卒業しても良いのかなと思います。

    ちなみに私は『片付けが出来ない自分』からの卒業を最初の目標にしたいと思っています。

     

    今後も、自分自身を好きになれるように。自信を持ってもらうために。

    誰に対しても、良かったところは積極的に言葉にしていくことを大切にしたいと思います。

     

     

     

     

    ペコティ・コスモフ・アンバー


    コメント
    コメントする









    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM