<< NEST青葉町拡張 | main | ほめること >>

「保冷剤体験」

0

    JUGEMテーマ:軽度発達障害児

     

    極暑の中休み、ホッとひと息も束の間これから、まだまだ暑い日が続きます。

    あの手この手と熱中症対策しましたが、冷却効果の他に気づきというオマケがついてきました。

     

    利用者さんたちに口頭で言っても、中々理解出来なかった冷感タオル、

    娘たちが使っていた冷感タオルを家から持って来て、利用者さんに体感してもらい効果が体験でき、1度涼しいと感じると自分で用意する方、ご家族が用意して下さる方と、ようやく熱中症対策も行き届いてきました。

     

    衣服等に強いこだわりがあり頑なに拒むAさん。

     

    暑い日でも「日に焼けちゃうと皮がむけちゃうから半袖は着ない」と長袖を着用しボタンも上まで止めてしまうAさん。

     

    半袖+手甲の案もありましたが、それも「嫌だ」と言うことで無理強いせずに長袖で過ごしています。

     

    このままでは、熱中症になってしまうと思い温度計の温度を伝え最初は、口頭で説明し、次に冷感タオルに実際に触れてみていただき、水に濡らして着用するだけでも涼しくなることを伝えました。

     

    「したくない」との一点張りでしたが他の方がしているのも見て、ようやく自宅で「冷えるタオルを買いたい」と言えることが出来たようで、

    ご家族と一緒に買いに行き、持参する事ができました。

     

    持参したからと言っても直ぐに出来る訳では無く1時間ぐらいたってから、やっと冷感タオルを使うことが出来ました。

     

    いざ使うと涼しくて気持ちが良いと、していない人にすすめたりしていました。

     

    この事が、きっかけになり会社から

     

    保冷材の貸出がはじまりました。保冷剤を沢山、購入していただき貸し出す事が出来て首にタオル等で巻けるようになりました。

     

    喜んで利用する方・保冷材を使うのが嫌な方とわかれていましたが多くの方が使えるようになりました。

     

    Aさんも保冷材の方が冷たいし4回まで交換できるので試してみる様に口頭で伝えしましたが「嫌です」との答え。

     

    私も暑かったです

    自分の冷感タオルでしたが昨日は38℃になり頭が痛くなりボーっとしてきました。

     

    これは危険と感じ無理だろうなと思ったのですがAさんに「今、38℃あって私も頭が痛くなってしまった 熱中症になると困るから一緒に水分補給に行きましょう」と誘い水分補給後に保冷剤を見せて「私もするからAさんもしてみましょう」と言ってみました。

     

    私が実際にして見せて、「Aさんもしてみましょう」と言うと保冷剤をつけることに納得してくれました。

    いざ身に着けると他の着けていない方に「気持ちが良いよ」と嬉しそうにすすめていました。

     

     

    Aさん以前は、ちょっとしたことで作業に入れないことや休んでしまった事がありましたが最近は、落ち着いて作業が出来ています。

    朝、体調が悪くても昼に様子を見に行き少し話をすると行く気になり作業に入る事が出来ています。

    調子が良い時には前日等、私と会った時に「吊るし掛けよろしくお願いします」と笑顔で言ってくれます。

     

    明るい笑顔が見られるとつくづく、この仕事をしていて良かったなと思います。

    そして明日も元気に頑張ろうと思えます。

     

    臼井

     


    コメント
    コメントする









    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM