「当たり前」を取り戻す

0

    Iさんは中途障がい(多発性硬化症)で下肢に力が入らず、
    御利用になる前にネットで自費購入した中古の車いすで生活している。
    むろん、自身の体に合っていないため、座位を取りにくく、体への負担が大きい。
    経年劣化も激しく、アームサポート(肘掛部分)はビニールテープを巻き補強。
    だが、立位・移乗をする際にアームサポートに手を置き立ち上がるため、
    いつ壊れてもおかしくはない

     
    (Iさんの車いす)

     

    さかのぼること半年前ー。
    また自分で車を運転したいと、運転補助具を購入。
    「週末は富士川の河川敷で練習してきました。」
    と天気が良い日を選び、運転練習を重ねている。
    息子さんが小さい頃は一緒にサーキットへ足を運び、
    いまは休憩時に車の話をすると止まらなくなる

    それほど大の車好き。

     

    そのIさんがいよいよ「新車」(車いす)を購入することになった。
    車いすの営業マンは、何と県内在住パラリンピアンの福島忍氏。
    アイスホッケーの重鎮だ。
    車いすユーザとして細かい点までアドバイスもいただいたそうで、
    乗用車と同じように車いすをカスタマイズが出来たと
    大喜びで報告をして下さった

    福島氏は大きな商用車に乗り、車いすの営業で各地を飛び回っている。
    (車いすでハイエース乗車?それは誰でも驚く…)
    福島氏の存在で、Iさんのモチベーションが明らかに変わった。
    と言うのも車を運転するには自力で車いすの載せ下しが不可欠だからだ…。
    それからと言うもの、毎朝、朝礼後の体操の際に、
    車いすのアームサポートを使い、体を持ち上げ腕立てを行うようになった。
    ちょっとしたことだが、大きな変化がみられた。
     
    (キャラバンと車いす…どうやって乗る?)

     

    車いすを手に入れることで
    QOLQuality Of Life)=生活の質
    は、飛躍的に向上する
    自分の好みにカスタマイズできた喜び
    自分で運転して出かけることへのワクワク
    何より、諦めてしまった日常を取り戻すことが出来るー。

    宝物を手にしようとしている彼は、
    これまでにないほどイキイキとしている

     

    新緑が眩しく輝く頃
    2台の愛車と共に、

    どこかの道を颯爽とドライブしていることだろう。


    ちはやふる加藤初段


    皆んなの心を一つにしてくれた作業

    0

      JUGEMテーマ:軽度発達障害児

      新しい作業に取り組みはじめました。
      どうしたら効率良く出来るかを思案中だった本日、昼休みに利用者のAさんから話しかけられました。


      保護シールをはがす作業を担当ですが、
      午前の作業に熱が入り過ぎて休憩時間も、こっそりと作業を続けようとしていたので
      作業を止め休憩する様に、伝えると、余程愉しかったのか、照れ笑いをしながらやっと手を止めてくれました。


      昼休みも作業の事が頭から離れなかった様です。


      手に握りしめているのは、爪楊枝ご自分のものを持って来て下さったとの事。


      どうしても取りづらい部分をセロテープの上から押さえたら良いと思うと言うので私が試してみると綺麗に取れました。


      上司にその旨を伝えてAさん自身に試していただきました。


      残念ながら細か過ぎ時間がかかってしまい能率が悪い事が分かり、その方法は断念する事になったのですが、
      その後、よく見ていると最初は剥がしやすい方向から剥がしていたAさんでしたが試しているうちに方向が、わからなくなって来たようでした。


      作業手順書や作業工程表、そして作業基準書が何故あるのか、工夫をする度に工程も手順も基準も逸脱してしまう事を本人へ伝え再度、見本を見せながら、側で何回かやるうちにコツを掴んだようで綺麗に取れるようになりました。
       
      また、午後になると眠くなってしまう利用者Bさんには取っ手がついて座りやすい椅子から丸椅子に変えたところ、眠くならずに作業に集中出来たと、納期の事も気にしながら明日も頑張りますと笑顔で帰宅されました。
       
      はじめての作業が苦手で疲れたとついつい言ってしまうCさん振り返りで新しい工程が出来た事をとても喜んでいました。
       
      私も爪楊枝では、すぐに先が丸くなってしまったので何か良いものは無いかと考えており竹ぐしが良いと思いましたがそのままでは危険なたため周囲をテープで巻いて試してみようと思いました。
       
      新規作業、不器用な私は、内心ドキドキしていましたが、段々と慣れて来て皆の心がこの作業の完了に向け1つになり取り組んでいる事を実感でき、とても感動しました。
      明日も頑張ろうと思います。

       

       


       
      うっかり八兵衛

       


      「保冷剤体験」

      0

        JUGEMテーマ:軽度発達障害児

         

        極暑の中休み、ホッとひと息も束の間これから、まだまだ暑い日が続きます。

        あの手この手と熱中症対策しましたが、冷却効果の他に気づきというオマケがついてきました。

         

        利用者さんたちに口頭で言っても、中々理解出来なかった冷感タオル、

        娘たちが使っていた冷感タオルを家から持って来て、利用者さんに体感してもらい効果が体験でき、1度涼しいと感じると自分で用意する方、ご家族が用意して下さる方と、ようやく熱中症対策も行き届いてきました。

         

        衣服等に強いこだわりがあり頑なに拒むAさん。

         

        暑い日でも「日に焼けちゃうと皮がむけちゃうから半袖は着ない」と長袖を着用しボタンも上まで止めてしまうAさん。

         

        半袖+手甲の案もありましたが、それも「嫌だ」と言うことで無理強いせずに長袖で過ごしています。

         

        このままでは、熱中症になってしまうと思い温度計の温度を伝え最初は、口頭で説明し、次に冷感タオルに実際に触れてみていただき、水に濡らして着用するだけでも涼しくなることを伝えました。

         

        「したくない」との一点張りでしたが他の方がしているのも見て、ようやく自宅で「冷えるタオルを買いたい」と言えることが出来たようで、

        ご家族と一緒に買いに行き、持参する事ができました。

         

        持参したからと言っても直ぐに出来る訳では無く1時間ぐらいたってから、やっと冷感タオルを使うことが出来ました。

         

        いざ使うと涼しくて気持ちが良いと、していない人にすすめたりしていました。

         

        この事が、きっかけになり会社から

         

        保冷材の貸出がはじまりました。保冷剤を沢山、購入していただき貸し出す事が出来て首にタオル等で巻けるようになりました。

         

        喜んで利用する方・保冷材を使うのが嫌な方とわかれていましたが多くの方が使えるようになりました。

         

        Aさんも保冷材の方が冷たいし4回まで交換できるので試してみる様に口頭で伝えしましたが「嫌です」との答え。

         

        私も暑かったです

        自分の冷感タオルでしたが昨日は38℃になり頭が痛くなりボーっとしてきました。

         

        これは危険と感じ無理だろうなと思ったのですがAさんに「今、38℃あって私も頭が痛くなってしまった 熱中症になると困るから一緒に水分補給に行きましょう」と誘い水分補給後に保冷剤を見せて「私もするからAさんもしてみましょう」と言ってみました。

         

        私が実際にして見せて、「Aさんもしてみましょう」と言うと保冷剤をつけることに納得してくれました。

        いざ身に着けると他の着けていない方に「気持ちが良いよ」と嬉しそうにすすめていました。

         

         

        Aさん以前は、ちょっとしたことで作業に入れないことや休んでしまった事がありましたが最近は、落ち着いて作業が出来ています。

        朝、体調が悪くても昼に様子を見に行き少し話をすると行く気になり作業に入る事が出来ています。

        調子が良い時には前日等、私と会った時に「吊るし掛けよろしくお願いします」と笑顔で言ってくれます。

         

        明るい笑顔が見られるとつくづく、この仕事をしていて良かったなと思います。

        そして明日も元気に頑張ろうと思えます。

         

        臼井

         


        【経験】

        0

          JUGEMテーマ:軽度発達障害児

           

          先日、休暇を利用して登山に行き、崖から落ちて手首を骨折してしまいました。
          数日してからギプスで固定し、仕事に戻りましたが、当然十分な作業はできず、
          同僚たちに迷惑をかけつつ現在に至っております。

           


          骨折しているので、手を洗う、靴を履くなど普段は何気なくやっていたことが
          非常に難易度が上がり、動きが制約されていることもあり、精神的にもイライラと
          気持ちが不安定になってきます。


          そんな中で自分なりに工夫もしてみました。


          靴はヒモのタイプからワンタッチでワイヤーを閉めるタイプに変更しました。
          マジックテープの靴でもよいのでは、と一瞬思いましたが、実際に使ってみると、

          マジックテープは靴を履いていないと、片手では剥がせないと気が付き却下。


          これは経験者しか気が付かないことです。


          ギプスでは手を洗うことも一苦労なのでなるべく汚れが着かないように

          アームカバーと綿の手袋を着用し、汚れがついたら水洗いでは水分が
          溜まってしまうので、アルコールで拭き取るようにしました。


          何気なくNESTで使用している治具を手に取ってみました。


          生産という観点から見たら、治具は生産性を上げる道具。

          1時間に100個から200個も可能とし効率を上げる道具です。
          NEST仕様の治具は、生産性だけでなく、いかに使いやすいか、品質基準に間違いが
          起きないかを考慮して作られています。


          私が手にした治具は、軽く、持ちやすいものでした。

           


          以外と気が付かないのですが、角を取られ安全に仕上げられた治具は非常に有り難く、

          感動しました。今回骨折と言う経験をして、それまで気が付かなかったことに少しでも

          気が付くようになったことは収穫だったと自分なりに考えています。

           

          職業支援員 赤池


          障がい者の働くを考える

          0

            JUGEMテーマ:軽度発達障害児

             

            障害があるから働けないや、障害があるから難しい作業は出来ない、という考え方が本人や親だけでなく、未だにB型事業所やA型事業所の職員また経営事業主の考え方として蔓延っています。


            この考え方が、障害者就労支援施設福祉施設での利用者確保や囲い込みの根底につながり、いつまでたっても施設の利用者の工賃が上がらなかったり、悪しきA型事業所での大量解雇につながったりしてきました。

             



            この1年で日本各地では悪しきA型問題を抱え、障害者利用者大量解雇が発生しています。

             

            これは論外 障害者を食い物にしたビジネスをやらかしている事業所ですから、そもそも そんなのに騙されてはダメなんです。


            現状を語るには及びませんが全国レベルからみて 富士市は、まだまだ改善の機会が見込めB型利用者やA型利用者QOLの向上と工賃や賃金水準を上げられると伸び代に憂いを感じています。



            これまで障害者雇用や就労支援を経験してきた中で、昔から変わらず社会全体は障害があるから仕事がないとか障害があるから難しい仕事は出来ないという様な潜在的な偏見やギャップが存在しています、最近の富士市に於いてはユニバーサル条例まで作らせてしまうほどのムーブメントが一部市民から発生しましたが、着地点が見つからない、その動きをとても歯痒く居ても立っても居られない衝動にかられてしまいます。

             


            精薄とか白痴と言われていた時代から40年、障害者雇用に関わってきた中で障害者雇用促進の啓蒙啓発に対する私の想いも、とうとう結晶となってしまいました。



            ニート、ホームレス、若者、高齢者、障害者など就労弱者とし一括りにしたユニバーサルという捉え方、考え方で働き方改革や一億総活躍をひとつの形に創り上げようと、厚労省と経団連や連合そして日本財団が審議部会を立ち上げ、ユニバーサル就労として焦点を当て会議を重ねているようです。


            この場合に懸念されるのは、労働力として考えた場合の障害者は最後に置いてきぼりにされてしまうのではないのかという事なのです。



            ユニバーサルという言葉の傘で障害者や弱者を守った感に自己満足されてはならないと強く思います。


            また、障害という言葉がユニバーサルという言葉で稀釈され受容の壁を低くする事は障害を持って産まれてきた子の親は我が子の障害感からの現実逃避や安堵感といった様な錯覚に陥いるのではないのかと心配しています。

             



            ユニバーサルという言葉で障害感の敷居は低くなるのかもしれませんが、障害者雇用の敷居までも低くなったわけではないのです、大切なのは その中身なのです、本質なき題目だけに合掌する姿をこれ以上は見ていられません。

            荒唐無稽な言葉には具体的な方法や数値目標もなく、障害者雇用の促進は時代を逆行していると富士市の現状について危惧いたしております。

             


            行政刷新会議(事業仕分け)による価値ある社会的資源が解体再編され8年…



            2010年に当時の政権は蓮舫議員による仕分けを断行し、日本障害者雇用促進協会を解体再編しました。



            まさに日本の障害者雇用にとって専門的立場による裁判官的且つ指導アドバイスを組織的に展開してきたオピニオンリーダーを再編により失ってしまったのです。

             


            自立支援法と日本障害者雇用促進協会が両輪の働きを果たしてくれていればと想うと残念でなりません。

            今、悪しきA型問題が浮き彫りになり、総合支援法では漸く重い腰を上げ後手となる情報公開制度等や評価による減算等の処置を実施し始めました。


            日本の障がい者雇用は額面では雇用率が上がったなどと浮かれているようですが時代を逆行しているのではないかと危惧致しております。


            障がい者就労支援に於いてもビジネスライクな事業者がニュービジネスだとばかりに、ハゲタカのように群がり利用者を貪っている様にしか見えません。



            この昏迷した障がい者就労支援事業と障がい者福祉の迷走を日本障害者雇用促進協会の再構築により再び明るい光と青空の見える世界に戻して頂きたいと痛切に感じています。

             

             

             

                 

            遠藤一秀

             


            「ストッパー」

            0

              JUGEMテーマ:軽度発達障害児

              先日 書家の金澤翔子さんとお母さんがテレビ番組で紹介されていました。


              インタビューでは「この子らが自立していくには私たちがストッパーになってはいけないんですね」のお母さんのひと言で私は30年前に採用前の保護者面談での情景と17年前の不慮の列車事故で亡くなられた障害者社員のことが脳裏をよぎりました。

               

              葬儀の際ご両親が、「危険だからと外へ出す事をためらっていたら、この子の人生はこんなにも輝いてはいなかったでしょう。これまで普通に人並みに働く事が出来て幸せな人生でした。感謝いたしております」と、話された事が走馬灯の様に当時を思い出させ、おもわず絶句してしまいました。

               

              30年前になりますが採用前には必ず預かる覚悟や預ける側としての親の覚悟を保護者面談の際に話していた頃がありました。


              世の中が豊かになって来たという事なのか、ハングリー精神という言葉とは程遠い世の中に感じ時代に合わない事を言うのはよそうと思い始めたのも、それから何年もしないうちでした。

               

              金澤翔子さんのお母さんが話した事も当時 私が保護者の方々に話した事も同じことを言っている様に思いますがストッパーが必要か、或いはストッパーを外すべきかについては子を持つ親として命を守るという観点においては親としての私も我が子にストッパーをかける側に立つのだろうと思ったら呑み込んだ筈であった金澤翔子さんのお母さんの「ストッパー」という言葉が再び口もとへと戻され改めて金澤翔子さんのお母さんの言葉の重みと勇気を噛み直し、腑に落としたのでした。

               

               

               

               

              遠藤一秀

               


              「ポジティブ」

              0

                JUGEMテーマ:軽度発達障害児

                 

                リーダーと知り合ってから15年、私のこともよく覚えていて、どこであっても世間話をします。
                上手に指示をして自分も良く動き信頼されており正にリーダーです。
                リーダーが2月頃から足痛等がひどくなってしまい3週間の自宅療養となりました。
                リーダーのこともそうですがリーダーがいない間や復帰しても今まで通りに過ごせる状態でも無いだろうと心配をしていました。  
                良く話し合いリーダーが行っていた色を選択してボタンを押す作業をA 型の方に担当していただく事になりました。
                最初はボタンを押し忘れたりしましたが実直な方で忘れてしまったことを気にして夢の中に出て来てしまったこともありましたが今は担当としてしっかりと出来ています。
                良い面をとらえておりの可能性を信じ障がい特性が活かされた結果だと思います。
                リーダー初め皆年齢を重ねて来ており、又若くても無理をすると腰痛等になる可能性を考えて出来るだけハンガーを持たずに済むように黄色の段取りハンガー台車を作ったり今まで使っいた白の小さなハンガー台車を増設し作業工程を見直しました。
                ‐さなハンガー台車にハンガーを掛ける
                       ↓
                大きなハンガー台車にかけ直して保管
                       ↓
                小さなハンガー台車をかけ直す
                       ↓
                ぅ薀ぅ鵑愕櫃韻
                  ※上記から下記の工程になりました。
                ‐さなハンガー台車にハンガーを掛ける※そのまま保管
                       ↓
                ▲薀ぅ鵑愕櫃韻
                時間も短縮され落下、事故の可能性も減り安全で体への負担も減りました。
                作業者のことを一番に考えた事が安全と効率化に繋がり良い結果となりました。
                リーダーが不在の時もその後も皆がその分も頑張ろうとキビキビと動かれています。
                自分の担当にほこりを持ち作業をする姿を見ると私も頑張ろうと素直に思えます。
                何かあった時は兎に角、真剣に話し合いポジティブに考えることが良い結果に繋がると言うことを改めて感じました。

                臼井

                一枚の写真

                0

                  JUGEMテーマ:軽度発達障害児

                  先日、学生時代に属していた運動部のOB会に参加した。
                  半数以上が教員になっており私の隣の席には、都内の支援学級の教員になった後輩が座った。

                  後輩とは支援学級での話題が中心になった。

                  「実習生、よく来るよ」と何気なく言うと、「実習生を受け入れているんですか」と、驚いた顔で質問された。
                  話を聞くと、都内では実習を受け入れてくれる企業が少なく、教員達の悩みの一つになっているとのことだった。
                  電話でアポを取り内容を説明するために企業に足を運び実際に受け入れてくれるのは、ほんの一握り、また1回受け入れてくれてもその次は断られてしまうことも少なくないらしくフジ化学のように継続的に、受け入れる企業が稀だとも言っていた。
                  地域性じゃないの?東京だし、と聞き返したが、どうも違うらしい。
                  実習時に生徒や教員が何か問題を起こした訳でもなく、心当たりもない中で断わられた事に対して対策もできず、本当に困っている様子だった。
                   
                  私の職場のフジ化学には、毎日のように支援学校(学級)から実習生がやってくる。
                  約1日の体験とはいえ、実習生だけでなく、引率の職員も真剣に取組んでいて社会科見学のようではなく、緊張感が伝わる態度には、いつも感心させられる。
                  実習開始時には「お願いします」、帰る時には「ありがとうございました」と大きな声で礼儀正しく習時間内は無駄口は一切ない。
                  引率の教員は、作業手順が違っていると必ず発見し即効で正しい手順のレクチャーを実施する受け入れる側である現場の社員や作業者は、実習生の行動を注意深く見て、危険はないか作業の段取りは間に合っているか、不安な表情が表れていないかなど、適度な距離感を保ちながら過干渉にならないように配慮して見守っている。
                  実習する生徒、引率教員、受け入れ側が強い信頼関係で成り立っている。
                  市内のある中学校の卒業アルバムに実習中の生徒さんたちと一緒に社長が映っていた。
                  何故だろうと不思議に想っていたが、現場のスナップ写真をみつけ謎が解けた。
                  あらためて、社長へのリスペクトと同時に我々のボスが誇らしかった。
                   

                   


                  赤池


                  案ずるより生むが易し

                  0

                    JUGEMテーマ:軽度発達障害児

                    JUGEMテーマ:仕事とは

                    時として思いもよらぬことは起きるものです。
                    フジ化学の現場リーダーが予想だにしない股関節の痛みで2週間ほどお休みとなりました。
                    リーダーは知的障がいというハンディを負いながらも現場で作業しているA型利用者さんへの指示や作業の段取り、ラインのコントロールなど総合的に現場では必要不可欠な存在でした。
                    そんなリーダーが2週間もいない事は私にとって不安で、「ピンチ」でした。
                    リーダーの仕事を何とか自分がやらなくてはとばかり考えてしまいました。
                    そんな時、工場長から「利用者さんに上手く仕事を割り振って任せてみたら。みんな現場の戦力として働いているんだから応えてくれるよ」
                    とアドバイスを頂きました。
                    「ピンチ」と思い込んでいた私は利用者さんの可能性を信じることが出来ていませんでした。
                    一度冷静になってリーダーの仕事内容を振り返り、利用者さんの特性を考えながら仕事を割り振りました。
                    Gさんには、メッキの色選択を担当してもらいました。
                    色選択を行うには何百種類もある部品の色を理解していなければ出来ません。
                    イボ(※イボとはGさんが言う選択ボタンのことです)を押すタイミングや注意事項を説明し、確認しながら行う事で、間違えずにイボを押せるようになりました。
                    後日、社長から聞いた話ですが、利用者さんの連絡帳には、「イボを押すのが夢に出てくる」と書いてあったそうです。
                    夢に出てくるほど緊張感を持ち、集中して作業に取り組んでいるのだと思いました。
                    色選択は責任感のある仕事なのでGさんがプレッシャーに押しつぶされてしまわないか心配もしていましたがスムーズに対応してくれました。
                    リーダーが復帰した現在も色選択の仕事はA型の利用者Gさんが行っています。
                    私は利用者さんに教えるより、自分がやった方が早いと思っていましたが、仕事において「配置と指示」というのは重要なことだと気づきました。
                    教えるのに時間はかかっても、長い目で見れば、大きな戦力となります。
                    今後も利用者さんの可能性を信じ、利用者さんの力が最大限に発揮できるように、丁寧な指示と分かりやすい説明を行っていきたと思います。
                     

                     

                    小田


                    福祉トハ

                    0

                      JUGEMテーマ:軽度発達障害児

                      福祉という言葉で「ふくし」を考えるのは、わたしにとって難しいテーマです。
                      社会福祉士養成講座を受講した際に福祉学という学問の分野があっても
                      不思議ではないという大学教授の話しのとおり多岐に亘る関係分野は広範囲に及びます。
                       
                      理解が難しい福祉
                      福祉で何が出来るのか?何か出来るのなら福祉力という言葉に嘘も失敗も
                      なくなり信頼される福祉となるでしょうけど、信用できない部分もあります。
                       
                      利用者の為の福祉ではない、利用者が置き去りにされ事業所を経営する者の
                      金儲けのためであったり、勤務する職員の収入源であったりと
                      どうしても穿った見方をしてしまいます。
                       
                      困ったものですけど、現状で私の認識する福祉という概念は国家予算の中における
                      制度と制度予算であって、福祉行為自体は見えてきません。


                       
                      福祉を捉え違えているのではないのかと思うことがあります、太平洋戦争が終結し
                      敗戦国となった日本はGHQにより財閥解体などこれまでの価値観を一変させられました。
                       
                      戦前の日本には相互扶助という文化が存在し
                      自助、互助、共助、公助という四つの助が上手に機能していたのです。
                       
                      GHQはウェルフェアーという言葉を日本へ持ち込み財閥解体と同時に日本人に弱者救済を求め
                      この外国語を日本人は福祉と翻訳したことから現在の福祉へつながったというのが私の推論です。
                       
                      本来の日本人的福祉は、戦前の相互扶助社会にあったのですが、この外国から入ってきた言葉を
                      翻訳し間違え、なんとも上から目線な福祉となってしまったのではないでしょうか。
                       
                      金品を与えれば、それで福祉は万全という考え方が支配的である。
                      これは受ける側にも悪く影響する。

                      もらって当然。こんな金額で生活できるか。もっと寄越せ、ということになる。
                      老人介護にしても「面倒をみてやる」「老人の権利だ」では心の"通い路″が閉鎖されてしまう。
                       
                      福祉の基本は心である。すくなくとも宗教者がこれに携わったとき、
                      愛の心が欠如していたら、文字どおり「ホトケつくって魂入れず」である。

                       

                      遠藤一秀


                       

                       

                       


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM