【やる気】

0

    利用者のSさんは,1人暮らしを開始してから血圧が高くなりました。

     

     

    体重の増加が著しく一般的なメタボ体型になってしまいました。

     


    それが起因してでしょうか
    足、腰が痛いと言うことが多く作業時などは、とてもとても辛そうです。

     


    自立という大義に迫られ1人暮らしを始めたのですが食生活へのアドバイスは一生懸命しているのですが本人の自己申告を信じるしかありません。

     


    体重の増加の要因は運動不足+高カロリー物の摂取ということは明白だったのでその対策が必要となりました。

     


    日常の中に如何に運動を取り入れるかを考え、徒歩通勤を勧めることになりました。

    S君は元々は会社のサッカー部に属しており、毎日会社周辺を昼休みを利用してジョギングするなど、運動することは決して抵抗があったわけではありません。

     


    しかし、部が解散してからは目標を失ったのか、体力作りの為のジョギングもやらなくなり、典型的な運動不足の弊害が表れる様になりました。

     


    S君の住居から会社までは片道約3km。今まではバスで通勤していたところを、身体の負担を考えて、朝だけ徒歩で通勤することになりました。

     


    体重と血圧の測定をして、記録することにしました。

     


    2週間程過ぎた頃、職員がその値をグラフ化し、本人にみせたところとても喜んで、他の利用者にも自慢げに見せびらかしていたようです。

     


    結果が【見える化】されたことでS君は、「言われたから徒歩通勤している」という受け身から、「数値の改善をする」という目標に向かって積極的に歩くようになりました。

    すると、不思議なことに、血圧も正常値に近づいてきました。

     


    結果が出つつあると、更に食事も従来からの夕食である油っこい惣菜一辺倒なものから栄養面を補う食事を摂るようになりました。

     


    健康維持の為に始まった徒歩通勤が積極性や意識の向上につながってきました。

     


    制度を審議するにあたり生活管理の手薄さが、自立を支える就労という柱を危うくする大きな要因である事は予測できていた事とはいえ、真の自立への道のりは遠く高い壁である事を知って頂きたいです!

     

          

     

    A型 カリスマ支援員

    JUGEMテーマ:軽度発達障害児


    ペンキ塗り

    0

      JUGEMテーマ:軽度発達障害児

       

      11月10日、17日の2日間、フジ化学では毎年恒例のラインのペンキ塗りを行いました。
      参加メンバーはNEST職員とフジ化学の障がいをもたれた社員の合同チームです。

      ラインのペンキ塗りは塗る部分が多く、1人1人の担当範囲も多岐に渡ります。
      職員が足場を使用してラインの上部や細かい場所を担当し、障がい者社員が柱や底面部を担当しました。

      毎年経験しているので障がい者社員も効率よく作業を進めてくれます。
      全てのペンキ塗りを終えるまで2日間かかりましたが、ラインはとてもきれいに仕上がりました。

      ペンキ塗りに参加する社員はラインを大切にし、きれいに使用する意識が高まります。
      また、ペンキ塗りに参加しないA型の利用者さんからは
      「機械がきれいになった!」、「汚さないようにしなきゃ!」という声が聞こえてきました。

      今回のペンキ塗りはフジ化学で実施している6Sにもつながります。
      一般的に5Sと言われていますが、フジ化学ではそれにSafetyを加えて6Sとしています。
       
      日頃から安全や片付けについて朝礼時に伝えたり、現場で声かけてを行なっています。
      例えば、現場では空箱が通路にはみ出さないように置くというルールがあります。
       
      しかし、多忙時になると空箱を乱雑に置き、片付けが出来ていない事があります。
      見つけた際には、タイムリーにレクチャーし、何故ダメなのかを伝え、一緒に片付けます。

      このように、現場では職員と利用者さんが一緒になって安全や片付けを意識した仕事をしています。
      今後も利用者さんと共に、きれいで働きやすい現場にしていきたいと思います。

       

               

       

       

       

                                                            A型 小田


      感動・共有

      0

        JUGEMテーマ:軽度発達障害児

         

        それは11月17日(土)のこと
        クリスマスには1ヶ月以上早く「あわてんぼうのクリスマス会」という会に、
        OB、職員、来賓、スペシャルゲストを加え総勢100人以上の参加となりました。
         
        昨年に続き、職員の出し物、そして今年はサプライズでピアノの演奏。

        プロのピアニストさんによる生演奏には利用者さんもOBの皆さんもしっとりとした曲にジーンと目を閉じ耳を傾け、

        リズミカルな曲にはノリノリで手をたたき、身体を揺らしながらリズムにのって楽しむ様子、

        それを見ているだけで雰囲気は共有。
         
        去年のクリスマス会では、私は入社したばかりだったので、準備などの工程を見ることができませんでした。

        今年は役員として準備から片付けまで先輩職員に教えていただきながらの参加です。

        会場の下見など日頃の職務の合間をぬっての出し物の練習や、会場の準備、座席決めや出席確認など、

        準備を進める事は良い経験でした。

        利用者さんへの配慮に行動する先輩職員を間近で見て、こんな素敵な会社に入り一緒に仕事ができ幸せものだと実感しました。
         
        当日は出し物や抽選会でゆっくりみなさんとお話しすることができませんでしたが、楽しんでくれている顔をみることができ、

        頑張って準備してよかったと心から思うことができました。

        来年もクリスマス会が出来るように私たちの日頃の支援や取組みを頑張りたいと思います。
         
        小川


        見えない障害

        0

          私自身のことですが、今から8年以上前に「自己免疫疾患」という

          自分で自分の体を攻撃する、わけのわからない(笑)病気を患った頃、

          治りたい・これ以上ひどくなりたくない一心で

          ありとあらゆる情報を集めていた頃がありました。

           

          そんな時に出会った

          「見えない障害」「制度の谷間」という言葉と、「見えない障害」の啓発バッジ。

           

          また最近では「ヘルプマーク」と言う

          「見えない障害」バッジに類似したツールも、各自治体で配布を行っております。

           

          内部疾患や発達障害・精神疾患などの「目に見えない」

          障害・困難・痛みを総じて『見えない障害』といいます。

           

          辛い思いを声にあげられなかったり、

          気づいて欲しくても伝えられない思いや困難を

          「知ってもらおう」というのが、こういったツールの目的です。

           

          ヘルプマーク使用者として普段から感じていることがあります。

           

          認知度がなくアピールが一方通行のように思え不安です。

          TV・ラジオなどで幅広く普及活動をしてほしい!

           

          つけづらい!!

          取付に力が必要で、指先に力が入らない私には難しいものでした。

           

          受取申請に各自治体の窓口へ行かねばならないこと。

          「見えない障害」をお持ちの方は、外出を苦手とする方も多いのではないでしょうか?

           

          郵送等、窓口に行かなくても受取可能になって欲しいと思います。

           

          この声がヘルプマークの担当窓口に届きますように!!

           

          指導事務M


          下のち後ろ、時々前?

          0

            JUGEMテーマ:軽度発達障害児

             

             

            この間、免許証の初回更新に行き、講習を受けてきました。
            内容としては、小さな冊子を読み、ビデオを見るというものでした。
             
            自動車学校に行っている時、実は仮免の実技試験で一度不合格をもらっています。
            その後は順調に免許を取る事はできましたが、学生の時に取った為に約1年半は殆ど運転せずに過ごしてきました。
             
            安全第一を意識してはいますが、講習でビデオを見た時、自分はいつもどうしているか、を考えてみると、安全確認が足りないとヒヤッとする場面ばかりでした。
             
            例えば、左折。
            もちろん左右の確認はしていますが、思えばそれは歩行者の有無のみの確認であり、急に来る自転車の可能性は頭になかったように思います。
            講習の際にハッと気付かされました。
             
            普段は覚えていてもいざという時に忘れてしまうのが私の欠点です。
            その為、時折振り返る事は大切だと改めて気付かされた出来事です。
             

            振り返る、これは私たちの業務上で支援をしていく上でも共通しています。
            自分の支援を振り返ることで、基本が出来ていなかったり、未熟な部分も見えてくるものです。
             
            私自身、毎日のようにあの対応で良かったのか、あの説明の仕方で良いのか、言葉遣いはどうか、と振り返ってはいるのです。しかし、元々ネガティブな事もあってか、どんどんどんどん後ろ向きな事しか考えられなくなってしまいます。
             
            必ずしも前だけを見ていれば、良い訳ではなくて。
            だからと言ってずっと後ろを見ている訳にも行かなくて。
            私にとってもバランスをとるという感覚は、とても大切な事なのだけれど難しい。
             
            私は、後ろを向きすぎて辛くなった時に前を向くようにしています。
            普段は下を向いたり後ろを向いたり立ち止まったりして過ごしていても、それは前を向く為に必要な事なのだと思いました。

             

             

             

            さくらあやね


            『差』を詰める

            0

              『出来ました!』と30〜40分に一回、職員を呼ぶMさん。
              『終わりました…』と1時間に1回、職員を呼ぶHさん。
              二人は同じ製品を扱っている。
               
              「目視検査」と言って、ナット製品の内径に切粉(削りカス、金粉等)が無いか
              拡大鏡を使って検品する。


              だが、使用する治具は異なる。
              身体に障がいの無いMさんは「タコツボ」
              片麻痺のHさんは「板治具」

              これは板治具。
              この治具は内径が観察できるよう、同じ向きで製品を端から並べ、
              板いっぱいに製品が並んだら、
              右、左と動かし拡大鏡の光を当てて内径を観察する。
              製品の中に切粉があればNGとなる。

               

              私が入社した頃、目視のどこにポイントを置き検査をすればよいか分からず、
              狃藁の職人瓧箸気鵑
              「Hさん、目視検査のコツはありますか?見極めが難しくて…」と尋ねてみると、
              「ライトの光をうまく使うと良いですよ。切粉があると陰が出来るから。」
              とアドバイスをして下さったのを思い出した。
              入社して3年―。

              未だにHさんの検品スピードには敵わない。

               

              先日、タコツボ治具と言うものを取引先からお借りした。

              見ての通り、穴の開いた治具。
              その穴に製品を入れ、アクリル板で挟み、表裏を検品する。
              蛸壷のような形をしていることから、「タコツボ治具」と呼ばれている。

                
              大量に入る製品、タイトな期日―。
              熟練のHさんでも、間に合うかどうか…
              そんな時、Mさんが助っ人として検品に入って下さることになった。
              別の検査でお借りしていたタコツボ治具を用いて、Mさんが検品。
              すると見事にヒット!

               

              1箱2000個の製品があるとする。
              Hさんで1時間かかるところ、Mさんは30〜40分で検品が終了する。
              障がいの有無、治具の違いでこんなに差が付くとは…。
              タコツボでは並べる手間もないため、6×8=48個を一度に検品できる。
              Mさんは達成感もあり、作業を追うごとに生産数が伸びた。
              Mさんの正確な検品で多くのNGを見つけることができ、
              一日で2万の検品を達成。
              そして納期は守られたー。
              が、その日の作業数に大きな開きが出てしまった


              Mさんは25,000個、Hさんは10,000個…

               

              工賃にすると、5,000円以上の差となってしまった。
              治具の違いで、大きな差。
              Mさんの生産数が伸びるのは喜ばしい事なのだが、
              これではHさんのモチベーション維持も難しくなる。

              さて、Hさんの治具はどうにかならないものか…

              (東京硝子器械(TGK)フリーアームスタンド)

               

              このようなフリーアームスタンドにタコツボを挟んではどうか?
              どうやってアクリル板を挟む?
              片手でどこまで出来る?
              まだまだ具現化していないが、治具の改良をしたいと強く思うようになった。
              両者の能力に大差はない(と考えているのは私だけか?)。
              差があるのは両手が使えるか否かー。
              障がいの有無ではなく、誰が使っても、同じような生産数にしたい。
              難しい事かも知れないが、この「差」を何とかして詰めたい。

               

              By ちはやふる加藤初段


              ちいさな一歩

              0

                JUGEMテーマ:軽度発達障害児

                 

                ある日の作業後、帰宅するまでの時間を
                のんびり過ごしていたKさんが、
                「そうだった、やるんだった」と
                職員に聞こえるか聞こえないくらいの声を発して席を立ち
                保管箱のもとへ。

                自分のものを手にすると、チラッと職員の視線を確認し、
                席に戻ると、徐に書き出しました。
                それは、毎日の利用時間 (9:00〜16:00 等)を
                書き入れる実績記録票。
                月末に当月分の利用日を確認して押印しますが、
                毎日分が記入できていないと、全通所日をタイムカード片手に
                まとめて記入しなければいけません。

                 

                帰りのバスや電車、送迎車乗車時間に余裕のない方は、
                次の日の朝や昼休憩時に記入をするなど、
                それぞれ自分の行動スタイルに合わせて
                空いている時間を利用して書き入れています。

                 

                これまで、帰宅前の声掛け、周囲の方々からの声掛けにも
                動じず、反応せず・・のKさんに、
                少し前より、朝にも声掛けを行っています。
                誰よりも通所の早いKさんにとって、朝はとっても長いのです。
                職員や他の利用者さんと朝のお喋りを楽しみながら、
                長い朝の待ち時間を過ごします。
                そのお喋りの流れの中、職員と一緒に確認し記入
                というところから始めました。
                朝は、職員も送迎や作業準備などがあり、
                必ず決まった時間に決まった職員が声掛け
                とはいかず、ゆるい感じで行っています。
                書けていないことは何も言わず、指摘しません。
                ですが、書くことのできた日は
                ちょっと大袈裟ですが、大きく褒めます。
                それが良かったのか・・悪かったのか・・
                わかりませんが、ある日の作業後、自らの行動に繋がりました。
                ちょっと先に進んだ気がした出来事です。

                 

                結果はまだわかりません。
                今日の帰りは残念ながら、行動はありませんでした。
                明朝、また声掛けを行います。
                その繰り返しで先に繋がって行けばよいなと思っています。

                 

                                                                                 朱音の銀子

                 


                言霊

                0

                  JUGEMテーマ:軽度発達障害児

                   

                    

                   会話や文章を書く時など様々な場面で言葉を使っていると思います。

                  古代の日本人は、言葉には霊が宿っており、その霊の持つ力がはたらいて、

                  言葉に表すことが現実に実現すると考えていたそうです。

                  これを言霊(ことだま)と言い、この言葉は万葉集の中にも出てきます。

                   

                   この万葉集について「万葉の人々」という本を書いた犬養孝さんという方が著書の中で、

                  「言霊とは言葉には霊魂が宿っており不思議な力がある。

                  霊魂信仰とは、言葉には霊魂があり、命がある。だから良い言葉を言えば良い

                  事が実現し、悪い言葉を言えば悪いことが実現するという信仰と言ったらいいのです」と記しています。

                   

                   私も最近になって、良い言葉を言う(使う)ことで良い影響があり、

                  悪い言葉を言う(使う)ことで悪い影響があると思い始めています。

                   

                   今思えば、これまで不平不満、愚痴、泣き言、悪口、心配する言葉などの否定的な言葉を常日頃頻繁に使っていました。

                  特に今年に入り交通事故を初めとして、良くない出来事が続いていたこともあってか、否定的な言葉を使うことが多かったです。

                   

                   もしかしたら否定的な言葉を使うことが多いために、それが良くない出来事を引き起こしているかもしれないと考えました。

                  そこで悪い言葉を使うことを少しずつ減らし、出来るだけ良い言葉を使うよう

                  意識して実践してみると心なしか良くない出来事が減り、良い事が増えたように感じます。

                    

                   私は、支援員として利用者の方に対して日々の作業支援をしていますが、

                  作業中の言葉の使い方によっては、利用者の方のやる気や能力の向上にも影響を与えているのだと考えてみました。

                  今後、支援するにあたり魂のこもった言葉を使い、言葉の持つ力を生かす努力をします。

                                                              杉山直之

                   


                  学びそびれ 〜 「できた」を体験し、実感する

                  0

                    JUGEMテーマ:軽度発達障害児

                     

                     

                    NESTには、支援学校等を卒業してそのままNESTの移行支援もしくは
                    就労継続B型を利用され始める方が毎年2〜3人いらっしゃいます。
                    学校を卒業されたばかりの方は、利用開始当初は周りの様子が気になって
                    集中出来なかったり、長い時間同じ事や中々うまくできないことに
                    取り組むことが難しかったりすることがあります。
                    集中力・忍耐力の部分であり、内面の成長が必要な部分です。

                     

                    ただ、内面が成長するために必要なことは、本人の気の持ちようだけではありません。
                    視覚などの刺激を減らし集中しやすい環境の中で作業を行い
                    「集中できること」を実感すること、
                    時間をかけて取り組むことで「できないこと」を「できること」に変え、
                    「成長できること」を実感することで、
                    できたこと、できるようになった「経験」と「自信」が
                    それぞれの気持ちの変化に繋がっていきます。

                     

                    作業場、作業種類が増えたことで、ひとりの職員が
                    ひとりの利用者の方の成長を直接長く見つめる機会は減りました。
                    逆にだからこそ、久しぶりに作業支援を担当した時や
                    新しい作業の説明をする時などは成長を感じることがあります。

                     

                    新卒の方も含め、若い方は元々の「経験」自体が少ないので、

                    時間が掛かっても、ふとした瞬間に大きな成長を感じることがあります。

                     

                    できないことは目につきやすく、できるようになってほしいがために
                    つい口にしてしまいがちです。
                    けれど、できるようになったことは、いつの間にかできて当たり前のことになり、
                    できていることを評価して伝えることをしなくなってしまうことがあります。
                    本来は「できて当たり前」なようなことでもできなかったことがあったこと、
                    それを「できるように成長したこと」を感じた時には特に、
                    「できるようになったこと」を改めて伝えるようにしています。
                    そうすることで、また次の新しいこと、まだできないことに挑戦する
                    前向きさに繋げていけたらと思っています。

                                                       中村

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    人として企業人として

                    0

                       

                      「すみません。何かおかしいです!!

                      Kさんの所に行くと 差し出されたステーキガード。

                      何がおかしいのだろう?と思い見てみると

                      ボンドで貼った跡と剥がした跡がありました。 

                       

                      「貼っていたら貼り合わせがズレたので

                      自分で剥がしてみました。」と報告。

                       

                      1度貼った物を無理やり剥がしたため

                      破けてしまっていたのです。

                       

                      ステーキガード作業は1枚の紙の端を折り

                      ボンドをつけて貼り合わせます。

                      紙で出来ている為 丁寧に扱わないと

                      敗れてしまったり シワがついてしまい

                      NG品となってしまいます。

                      もちろん 貼り合わせがズレたらNGです。

                       

                      その為 Kさんには 今まで何度も自分で

                      張り直しをしないよう伝えてきたのです。  

                       

                       1、自分で剥がさない

                       2、ミスと思った時に報告

                      この2つの約束をしてあります。

                       

                      「報連相」社会に出るとよく聞く言葉です。

                      NESTにも「報連相と気づき」という朝礼資料があり、

                      毎朝朝礼時に利用者さんと大きな声で読み合わせをしています

                       

                      例え理解出来ていても

                      伝えるタイミングがわからない。

                      伝えても ミスだから怒られるかも?

                      そんな考えもあるのでしょうか?

                       

                      ここに通所されて来る方達の中には

                      コミュニケーションの取り方がわからない。

                      大勢の人の中だと緊張してしまう。

                      そんな方たちが多く作業していています。

                       

                       

                       

                       

                      野球に例えると 

                      ピッチャーだけ鍛えてキャッチャーは素人同然…

                      片側だけが頑張っていても意味がありません。

                      受け取る側も きちんと受取り投げ返すことも必要です。

                      お互い 上手にキャッチボール出来ると良いですね。

                       

                      NESTの職員として 報連相を育て

                      互いに成長していきたいと願います。

                       

                                                       p・もんじゅうろう


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM